ソフトバンクG、強気の投資岐路
ウィーワークに1兆円 自主性重視が裏目に

2019/10/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクグループは23日、米シェアオフィス大手ウィーワーク運営のウィーカンパニーを支援すると発表した。ウィー株の追加取得や融資などで最大95億ドル(約1兆円)を投じる。投資事業の目玉だったはずの案件が、全面支援の対象となった。自主性にゆだねる投資戦略の弱点が露呈した。巨額マネーの力で有望企業を囲い込む戦略は岐路にさしかかった。

(関連記事総合2面に)

ウィーワークは2010年に創業し、世界29…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]