EV、車種に広がり マツダが参入/トヨタはレクサスで

2019/10/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

次世代技術「CASE」のうち実用化が最も進んでいるのが電気自動車(EV)だ。日本メーカーは日産「リーフ」で先行したものの米テスラや中国勢に逆転を許した。欧州メーカーもEVシフトを鮮明にするなか、日本勢も車種の拡大に動き出した。

トヨタ自動車は23日の東京モーターショーの報道向け公開で高級車ブランド「レクサス」のEVコンセプト車を披露し、20年には同ブランドのEVを発売すると明らかにした。ハイブリ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]