ポジション円買い阻む需給要因
外債投資拡大や貿易赤字

2019/10/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

円相場が奇妙な落ち着きをみせている。米追加利下げや米中貿易摩擦、英国の欧州連合(EU)離脱問題など、今夏以降は海外のリスク要因が尽きない。それでもリスク回避の円高が起きないのは、需給要因が円買いを阻んでいるからだ。

7月末から米連邦準備理事会(FRB)が利下げに転じ、8月初めにはトランプ米大統領が対中制裁関税の「第4弾」を発表した。現在は英議会がEU離脱案を巡って紛糾を続けている。

世界情勢が混…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]