五輪で変革 東京を世界最高の都市へ Tokyo2020 首都再構築(上)

2019/10/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「新ルートは限られた選択肢の中で最良。さらに5本目の滑走路ができればベストだ」。慶応大の加藤一誠教授(交通経済)は解説する。

羽田の機能強化

東京五輪・パラリンピックを控えた2020年春、羽田空港では渋谷や品川の上空を通り北から着陸するルートの運用が始まる。滑走路をより効率的に使え、年間の発着回数は44.7万回から48.6万回に増える。将来、現在のC滑走路と平行にE滑走路を新設する構想が実現すれば…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]