工藤会トップ、市民襲撃4事件の無罪主張 地裁初公判

2019/10/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

暴力団工藤会(本部・北九州市)が関与したとされる4件の一般市民襲撃事件で、組織犯罪処罰法違反などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(72)とナンバー2の会長、田上不美夫被告(63)の初公判が23日、福岡地裁(足立勉裁判長)で開かれた。野村被告は「4つの事件全てについて無罪です」と述べ、田上被告とともに起訴内容を否認した。

審理されるのは1998年の元漁協組合長射殺(殺人)、2012年の元…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]