話題の株ハブ ラグビーW杯日本敗退を嫌気 パブへの客足鈍化を懸念

2019/10/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

21日の東京株式市場で、英国風パブを営むハブ株が3日続落した。一時、前営業日比51円(5%)安の1031円まで下げ、半年ぶりの安値水準となった。20日にラグビーワールドカップ(W杯)の準々決勝で日本が敗退。観戦目的の客足が鈍るとの思惑が広がった。11日発表の3~8月期決算が減益だったことも重荷となった。

終値は4%安の1039円だった。売買高は約17万株と3割弱増えた。

W杯は9月20日から開催…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]