ウォール街ラウンドアップ業績好調でも勢い欠く米株

2019/10/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

米国株相場の上値が重い。22日のダウ工業株30種平均は反落し、前日比39ドル54セント安の2万6788ドル10セントで取引を終えた。ダウ平均構成銘柄の4社の決算発表が重なり、業績を受けた銘柄選別の動きが目立った。市場予想を上回る2019年7~9月期決算を発表した米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が2.6%高となった一方、コスト増で利益が予想を下回った外食のマクドナルドは5%安と大きく売られた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]