/

この記事は会員限定です

ゲノム多様性、治療の障害に

中川恵一

[有料会員限定]

がんは、ある臓器に発生したたった一つの不死細胞が、免疫の監視の網をかいくぐって増殖したものです。全身にがんが転移しても、すべてのがん細胞は最初に発生した不死細胞の遺伝子を引き継いだ「クローン」です。

例えば、乳がんが肺に転移したとしても、それは肺の細胞から発生する「肺がん」とは全く性質が違い、元々の乳がんの性質をそのまま持ち続けています。日本人が外国に移住して国籍が変わっても、肌や目の色が変わらな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン