ライフサポートVRリハビリ、楽しみながら ゲームや疑似旅行でやる気向上
進む実用化、認知機能の改善例も

2019/10/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

脳梗塞や認知症などのリハビリテーションで、仮想現実(VR)の映像を活用したプログラムが注目されている。ゲーム型のリハビリでは単調になりがちなトレーニングも没頭しやすく、成果も数値化されるためにモチベーションを保ちやすい。外出困難な高齢者らが「疑似旅行」をする体験会では、外出する意欲が高まるだけでなく認知機能が改善した事例も。医療や介護の現場で広がりそうだ。

10月上旬、東京都港区の「脳梗塞リハビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]