春秋

2019/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

旧日本軍の「大本営発表」はフェイクニュースの元祖だろう。敵機多数撃墜、わが方の損害軽微なりといった常套(じょうとう)句の多くがウソだった。その始まりは1942年6月のミッドウェー海戦だといわれる。空母を4隻失ったのに「1隻喪失、1隻大破」などと言い募った。

▼真珠湾攻撃からまだ半年、勝った勝ったの世論が高ぶっていたころだ。いまでは太平洋戦争の大きな転換点として知られるが、当時の国民は発表を信じ、破…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]