百貨店など相次ぐ閉鎖 増税、大再編の号砲か

2019/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

消費増税から3週間。10月中旬の大手流通の決算では、百貨店やスーパーの店舗閉鎖などリストラ策が目白押しだった。ふり返ると消費税率アップの時期は再編・淘汰を促してきた。今回は成長戦略の先行きも見込めず、大きな再編劇が始まる予兆かもしれない。

9月末で閉鎖した伊勢丹府中店(東京都府中市)と相模原店(神奈川県相模原市)。三越伊勢丹ホールディングスによると、いずれも販売不振が理由だが、あるOBは「なぜ今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]