中国、若手抜てき相次ぐ 副大臣級20人
重慶市や福建省など 習主席の盟友・王岐山氏、影響力か

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【上海=多部田俊輔】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が40代の若手幹部を相次いで抜てきしている。重慶市の副市長や福建省の副省長などの副省長級(副大臣級)のポストに20人近くが就いており、金融分野や腐敗摘発を担う共産党中央規律検査委員会出身の人材が目立つ。金融畑を歩み腐敗摘発で習氏の権力基盤固めを支えた同氏の盟友、王岐山(ワン・チーシャン)国家副主席が人事で影響力を発揮しているとの見方が広がっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]