豊竹咲太夫さん 人間国宝に 「力の限り指導」

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

人形浄瑠璃文楽の語り手である太夫の最高位「切場語り」の唯一の現役だ。今年、人間国宝に認定されることが決定。9月の国立劇場(東京・千代田)に続き、11月2日から本拠地である国立文楽劇場(大阪市)で、近松門左衛門作「心中天網島(てんのあみじま)」の「大和屋の段」を語る。近松物は父の八代目竹本綱太夫が伝承に尽くし、自身も長年研鑽(けんさん)を積んできた「お家芸」のようなもの。「『天網島』は近松の世話物…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]