ワールドプレミアV 菊花賞 50歳・武、最年長優勝 光る熟練の技

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

競馬の3歳三冠の最終戦、第80回菊花賞(G1・芝3000メートル)は20日、京都競馬場で18頭が出走して行われ、3番人気のワールドプレミア(武豊騎手)が3分6秒0で優勝。2着にサトノルークスが入り、1番人気のヴェロックスは3着。

ワールドプレミアは父ディープインパクト、母マンデラ、母の父アカテナンゴ。牡。栗東・友道康夫厩舎。生産者は北海道安平町、ノーザンファーム。馬主は大塚亮一氏。6戦3勝。獲得…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]