「認知症の人との共生促進」 G20保健相会合が共同宣言

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

岡山市で19日から開かれていた20カ国・地域(G20)保健相会合は20日、「高齢者に優しく、認知症の人と共生する環境を促進する」とした共同宣言を採択して閉幕した。今回、同会合で高齢化への対応策が初めて主要テーマとして議論された。世界的に高齢化が進むことを見据え、支援の重要性を共有した形だ。

議長を務めた加藤勝信厚生労働相は記者会見し「高齢化の進行度は各国で異なるが、大きな課題だということが明らか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]