宸儀初見 復活へ 即位礼正殿の儀、平成では行われず

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

22日に行われる即位礼正殿の儀では、平成の儀式では行われなかった「宸儀初見(しんぎしょけん)」が復活する。これは天皇が即位を宣言する高御座(たかみくら)に登壇後、帳(とばり)が開かれて初めて参列者が天皇の姿(宸儀)を目にすること。

平成の即位礼正殿の儀では、外国元首など多数の招待者への配慮から、高御座に登壇する前に天皇、皇后が皇居・宮殿の回廊を進ん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]