日本勢、5G「部品」で攻勢 高シェア維持へ正念場
住友電工や村田製、100~200億円投資

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

次世代通信規格「5G」の普及をにらみ、日本の部品メーカーが投資を本格化する。スマートフォンや基地局など携帯ビジネスの主力製品で日本企業は競争力を失ったが、搭載される部品では依然として高いシェアを保つ。住友電気工業や村田製作所は100億~200億円を投じ、生産能力や技術力を高める。5G市場は関連機器を含め20兆円を超えるとされる。黒子役である部品市場でも需要の争奪戦が始まる。

実効通信速度が100…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]