円滑な離脱 また暗雲 英首相「10月末」へなお強気 21日以降の採決探る

2019/10/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】英下院は19日、英国と欧州連合(EU)が合意した新離脱案の採決を先送りする決断を下した。「合意なき離脱」のリスクを完全に回避するために、EU残留派や穏健離脱派の議員が提出した新離脱案の採決先送り案が可決された。英・EUの合意を受けて円滑な離脱に向けた期待は高まっていたが、10月末の離脱の行方はまた見通せなくなった。(1面参照

「私はこの結果に萎縮したり、やる気を失ったりし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]