国学院大、自主性重視で個々に力 三大駅伝初制覇

2019/10/19付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

14日に行われた出雲全日本大学選抜駅伝(出雲大社前―出雲ドーム前=6区間、45.1キロ)で、青学大や東海大などの優勝候補を抑えて国学院大が初優勝を飾った。トップと37秒差の4位でたすきを受けたアンカーの土方英和が猛スパート。ゴール手前約700メートルでトップの駒大を抜き去る逆転劇だった。

全日本大学駅伝、東京箱根間往復大学駅伝と合わせた「大学三大駅伝」初制覇。前田康弘監督は「選手はよく頑張ってく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]