テレビ、世界で安値続く 4~6月1割下落 中国の過剰供給/貿易戦争が影

2019/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国勢の供給過剰に端を発したテレビ価格の急落に、米中貿易戦争が拍車をかけている。世界の平均価格は1~3月に前年同期に比べて2割近く、4~6月は1割近く下がった。世界需要の半分を占める米中で大幅に値下がりし、世界で安値が続いている。

英調査会社のIHSマークイットによると、薄型テレビの1~3月の1インチあたり価格は世界平均で10.9ドル(約1190円)。前年同期より17%安い。4~6月は8%下がっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]