時間指定の中止要請、ヤマトは対応前向き
五輪混雑緩和向け

2019/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は18日、2020年東京五輪・パラリンピック期間中の交通混雑緩和に向けた関係者会議を開き、都心部での時間指定の配送サービスを中止するようヤマト運輸と佐川急便、日本郵便の宅配大手3社に要請することを決めた。今夏に首都高速道路などで大規模な混雑緩和実験を実施したが効果は限定的で、「さらなる対策が必要」(内閣官房)と判断した。

内閣官房や国土交通省などの幹部による会議で、首都高や幹線道路が渋滞して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]