1位 オンコリスバイオファーマ 風邪ウイルスで抗がん剤

2019/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

オンコリスバイオファーマは抗がん剤の開発を手掛ける。4月に製品化に向けて前進するニュースを相次ぎ発表。株価は商いを伴って上昇した。目指しているのは「風邪のウイルスを使ってがんを治す」ことだ。

「やったぞ」。4月8日、オンコリスの浦田泰生社長は2つの喜びに浸っていた。1つがこの日発表の中外製薬との資本業務提携。もう1つは開発を進める抗がん剤が、画期的な新薬候補として厚生労働省の優遇対象に認定された…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]