/

この記事は会員限定です

2台連節バス、地方を快走 渋滞や車内混雑解消

運転手不足補う効果も

[有料会員限定]

地方の主要都市や観光地で大量輸送バスを導入する動きが広がっている。一度に運べる乗客数を多くすることで、再開発やインバウンド(訪日外国人)で伸びる需要に対応する。バス運転手の不足感が慢性化する中、少ない人手で路線を効率的に維持する狙いもある。

JR博多駅前や西鉄福岡(天神)駅前など福岡市の中心部を歩くと、2台のバスを蛇腹でつなげた車両が目に入る。「連節バス」と呼ばれる車両で、全長は18メートル。通常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン