台風19号で想定超す被害 治水や避難、自治体に課題
予測・監視体制、見直しも

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東日本各地に想定を超える被害をもたらした台風19号は、治水や住民の避難勧告など行政機関に重い課題を残した。国や自治体は防災や減災の対策を強化しているが、施策の死角や弱点を露呈したところもある。河川氾濫の恐れがある地域では、被害を予測するハザードマップや水位監視などの体制見直しを迫られそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]