/

この記事は会員限定です

長島・大野・常松 リーガルテックへ出資

AIで契約書をチェック

[有料会員限定]

大手の長島・大野・常松法律事務所(東京・千代田)は10月末、人工知能(AI)によって法務を効率化する「リーガルテック」を提供するベンチャー企業に出資する。2020年1月をメドに技術を企業や他の法律事務所に販売する。大手事務所がリーガルテックへの出資・外部提供を明らかにするのは初めて。

関連法人を通じてモンテスキュー(同、板谷隆平代表取締役)に出資する。数年かけて8億円を投じる。モンテスキューには...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン