長島・大野・常松 リーガルテックへ出資 AIで契約書をチェック

2019/10/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大手の長島・大野・常松法律事務所(東京・千代田)は10月末、人工知能(AI)によって法務を効率化する「リーガルテック」を提供するベンチャー企業に出資する。2020年1月をメドに技術を企業や他の法律事務所に販売する。大手事務所がリーガルテックへの出資・外部提供を明らかにするのは初めて。

関連法人を通じてモンテスキュー(同、板谷隆平代表取締役)に出資する。数年かけて8億円を投じる。モンテスキューには…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]