物理学賞 現代宇宙論の基礎築く 太陽系外惑星常識超す姿 ビッグバンの名残に根拠

2019/10/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

物理学賞は「宇宙の進化と宇宙における地球の位置の理解への貢献」で、欧米の研究者3人が受賞した。

スイス・ジュネーブ大学のミシェル・マイヨール名誉教授と教え子でもあるジュネーブ大のディディエ・ケロー教授は、太陽以外の恒星を回る太陽系外惑星を1995年に初めて発見した。見つけたのは地球から約50光年離れた「ペガスス座51番星」の周りを回る惑星だ。

太陽系と同じように惑星をもつ恒星は少なくないと考えら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]