「解決へ制限なく対話」駐日韓国大使の南官杓氏 元徴用工問題、韓国政府の資金供出示唆

2019/10/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使は日本経済新聞とのインタビューで、元徴用工問題について「解決できるのなら制限を設けず話し合いたい。すべての意見をテーブルにのせて可能性を検討する」と語った。日韓企業が自発的に資金を出し合い原告と和解するとする6月の韓国政府の案は日本政府が拒否した。南氏は同案にこだわらず、韓国政府の関与も排除しない考えを示した。

元徴用工らが起こした裁判で韓国大法院(最高裁)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]