/

この記事は会員限定です

札幌に変更でも暑さ対策継続

五輪マラソン・競歩、戦略見直しへ

[有料会員限定]

2020年東京五輪のマラソンと競歩が、札幌市で開催される見通しとなった。日本の陸上関係者にとって「寝耳に水」の話。戦略の見直しも迫られそうだが、「これまでの取り組みが無駄になることはない」と冷静な受け止めもしている。(総合1面参照

東京開催を前提にした準備は数年前から行ってきた。マラソンは本番を想定して夏場に東京で合宿を実施。汗の成分を分析し、給水の中身に生かすなど暑熱対策に注力してきた。9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン