欧州加速器施設向けセンサー 浜ホト 7万個供給
ヒッグス粒子研究貢献へ

2019/10/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

万物に質量を与え、宇宙の成り立ちの解明につながるとされる「ヒッグス粒子」。浜松ホトニクスは同粒子を発見した欧州の大型実験施設を増強するためのセンサーを供給する。これにより、観測装置がヒッグス粒子に関連する粒子を検出する精度が高まる。ヒッグス粒子の詳しい性質を確かめ、宇宙の起源を解き明かすのに貢献する考えだ。同社の技術力の向上にもつながると期待する。

同社は大型実験施設「LHC」を運営する欧州合同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]