アラムコ、海外上場分縮小 原油安など逆風で国内分引き上げ

2019/10/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアが国内外の市場で計画している国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)で、国内上場分の割合を最大3%に引き上げる方針であることがわかった。当初は株式全体の4%を海外、1%を国内で上場する計画だった。ニューヨークやロンドン、東京などを候補としていた海外上場は法的リスクや原油安でハードルが高まっていると判断、規模を縮小する。(関連記事国際2面に

アラムコは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]