/

この記事は会員限定です

ゾフルーザ 12歳未満の使用「慎重に検討を」

インフル薬巡り日本感染症学会

[有料会員限定]

2019年春に変異型のウイルスが相次いで報告されたインフルエンザ治療薬のゾフルーザについて、日本感染症学会は12歳未満の子どもについては使用を慎重に検討すべきだとする提言をまとめた。薬の効きにくい耐性ウイルスの発生率が高く、発熱などの症状が長引きやすいことを考慮し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン