米、小売業にも停滞波及 地区連銀報告 景気判断引き下げ

2019/10/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=大島有美子】米連邦準備理事会(FRB)が16日発表したベージュブック(地区連銀報告)では、長引く米中貿易戦争で企業活動が滞る状況が浮き彫りとなった。景気の基調判断について「わずかか、または緩やかに拡大」と下方修正した。12月に対中制裁関税の第4弾が迫るなか、米企業は先行きに一層の不安を覚えている。

8月下旬から10月7日までの全米12地区の経済情勢をまとめた。基調判断は6月に「緩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]