/

この記事は会員限定です

格安スマホ、通話も安く 回線コスト半額視野

総務省、携帯値下げ競争促す

[有料会員限定]

総務省は格安スマートフォン会社が通話サービスを安く提供できるようにする。携帯大手が格安スマホ(総合2面きょうのことば)会社に回線を貸すレンタル料金に基準を設け、事実上の値下げを求める。今は30秒で20円かかる格安スマホでも、時間に制限のない定額プランができるようになる見通しだ。政府の思うほど携帯電話料金の値下げが進まない現状を踏まえ、競争を促す。

格安スマホ会社は自前の通信回線を持たず、NTTドコモなどの大手携帯...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン