日産、英EU離脱で逆風
現地工場、減損計上の恐れも 資産価値800億円超

2019/10/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日産自動車が試練に直面している。英国の欧州連合(EU)離脱期限が10月末に迫り、巨額の損失が発生する懸念が浮上しているためだ。日産は英国に年産約40万台、約6000人を雇用する大型工場を持ち、合意なき離脱となれば悪影響を最も受ける日本企業の一つだ。英国工場からEUへの輸出関税10%が発生するだけでなく、最悪の場合は800億円超の減損損失の計上を迫られる可能性もある。日産の再建に大きな壁となる。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]