タイバーツは「安全通貨」
6年ぶり高値、経常黒字が背景 利下げ余地乏しく

2019/10/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

タイバーツが約6年ぶりの高値圏にある。タイは経常収支の黒字が大きく、他の新興国通貨が売られる中でも「安全通貨」として買われている。バーツ高は輸出や観光が基幹産業のタイ経済にとっては打撃となるが、タイ中銀の政策金利は既に低く利下げ余地が乏しい。「通貨高を抑制できない」と見越したバーツの買いも入っており、当面は高止まりしそうだ。

「適切に政策手段を使用する準備はできている」。タイ中銀は9月の金融政策…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]