水軍の歴史ロマン発信 SETOUCHI2.0 海と共に歩む(3)
「村上」「塩飽」観光客誘う

2019/10/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

海上交通の要所として栄えた瀬戸内の島々には、過去の繁栄ぶりを物語る歴史的財産が数多く残る。船を操り、人とモノが行き交う海を支えた水軍の活躍が醸す歴史のロマンは、令和の時代でも多くの観光客を引きつける。海にまつわる歴史を瀬戸内の観光資源として海外にも発信し、かつての人々の往来を再び復活させようとする取り組みが進んでいる。

瀬戸大橋を右手に、本島港(香川県丸亀市)から自転車をこぐこと10分、のどかな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]