/

この記事は会員限定です

強者セブン、脱「効率格差」へリストラ断行

コンビニ事業ROA、百貨店の20倍 稼ぐ力磨く

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが大規模なリストラに乗り出す。総合スーパー(GMS)と百貨店を中心に不採算店を閉め、人員も自然減を含め3000人減らす。背中を押したのが稼ぐ力の指標のひとつとして投資家が重視するROA(総資産利益率)経営だ。最高益が続くうちに、稼ぐ効率でコンビニと20倍も格差がある不採算事業に切り込み、コンビニの勝ち組としての強さに磨きをかける狙いがある。

「GMSなどで大規模な構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン