蓄電池、テスラ日本参入 来春、家庭向け販売・設置

2019/10/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米テスラの日本法人テスラモーターズジャパン(東京・港)は15日、日本での家庭用蓄電池の販売、設置を2020年春に始めると発表した。システム価格を100万円以下に抑え、対日本勢で価格競争力を高めた。11月から家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)の期間が終了する家庭が出始め、自家消費の需要が高まるとみて日本市場に本格参入する。

製品名は「Powerwall(パワーウォール)」で本体と関連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]