中国鋼材需要が急ブレーキ 来年1.0%増、貿易戦争響く

2019/10/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【モンテレイ(メキシコ)=川上梓】世界鉄鋼協会は14日、2020年の中国の鋼材需要が19年見込み比で1.0%増の9億900万トンになるとの見通しを発表した。米中貿易戦争による内需の鈍化で、伸び率は19年見込み(7.8%)から急激に縮小する。一方、中国の鉄鋼大手は国内の景気対策を受けてあくまで増産を続ける構え。さらなる供給過剰を懸念する声が広がっている。

「貿易戦争の長期化が中国の国内産業にマイナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]