医療機器の島津、再び
X線診断、手術ミス防止にAI 北米向け販売部門

2019/10/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

島津製作所は2020年春、人工知能(AI)を搭載したX線診断装置を世界展開する。心臓カテーテル手術などに使い、AIが画像のノイズを除去することで手術ミスの予防につなげる。同社は国内初の医療用X線装置を商用化した医療機器の老舗。同事業はかつて業績不振に陥ったが、近年はX線分野に経営資源を集中、国内でシェアを高めている。戦略製品の投入で再成長を目指す。

心臓カテーテル手術は患者の血管内にワイヤを通し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]