台風19号 県内にも爪痕 熱海と函南では大規模断水

2019/10/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東日本を縦断した台風19号は各地で甚大な被害をもたらした。静岡県では、5段階の警戒レベルで最高のレベル5に当たる「大雨特別警報」が初めて発令され、東部を中心に断水や停電などの被害があった。

県がまとめた被害状況(15日13時時点)によると、牧之原市で死者が1人出たほか、御殿場市内の用水路で転落した男性1人が行方不明だ。重傷は3人、軽傷が5人だった。住宅は全壊が3件で一部損壊や浸水など約2500件…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]