超進化論 寿命は自分で選ぶ
第7部 医ノベーション(3)

2019/10/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

英国の偉才チャールズ・ダーウィンは1859年に著した「種の起源」で、地球上にこれほど生物が多いのは生存競争が多くの種をもたらしたからだと説いた。悠久の時の中で遺伝子がしばしば変わり、生き残った種が現在に至る。今でいう「進化」の概念は、当時、あらゆる生物は神がつくったとする世界観を根底から覆した。それから160年。人類はふたたび時代の大変革期に立ち会おうとしている。遺伝子を自在に書き換える「ゲノム…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]