/

スターフェス、配達弁当もSDGs対応

飼育こだわりの豚・鶏/容器のプラ使用6割減

[有料会員限定]

法人向け弁当配達大手のスターフェスティバル(東京・渋谷)は、国連が環境や労働など17のテーマで掲げた「持続可能な開発目標(SDGs)」にちなんだ弁当を販売する。飼育環境などにこだわった素材を使うとともに、容器なども厳選したのが特徴。社会問題への関心が高いオフィスビルや企業などによる採用を見込む。

スターフェスは新ブランド「素材Lab(ラボ)。」を立ち上げた。飼育環境や飼料にこだわった宮崎県のブラ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン