「部分合意」早くも温度差 米国、「歴史上で最高」 中国、合意内容報じず

2019/10/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史、北京=原田逸策】米中両国が10~11日の閣僚級協議でかわした貿易交渉の「部分合意」を巡り、早くも温度差を露呈している。トランプ米大統領は「中国とのディールは歴史上で最高だ」と主張するが、中国側は「実質的な進展があった」とするだけで、合意内容を報じていない。米国側は12月の関税引き上げも再びちらつかせるなど、首脳会談に向けた神経戦が始まっている。

トランプ氏は11日、中国と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]