死者66人、決壊は47河川

2019/10/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

12日夜から13日未明にかけて東日本を縦断し、各地で河川氾濫などを引き起こした台風19号による住宅の浸水被害は、総務省消防庁によると15日午前5時時点で9832棟となった。国土交通省によると、堤防の決壊を確認できたのは7県の47河川で66カ所。死者は12都県で66人、行方不明者は15人に上っている。

被害は広範囲にわたり、全容はなお明らかになっていない。被災現場で警察や消防、自衛隊が行方不明者の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]