終盤にドラマ、トンガ初勝利 代表引退の主将、渾身の蹴り

2019/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トンガの24-19で迎えた最終盤。敵陣深くのスクラムで米国の反則を誘ったトンガは、PGでなくスクラムを選択した。自信のセットプレーから球を出すと、米国防御網の間を縫うゴロパントをインゴールへ。ベヌーが勝利を決めるトライを挙げると、ベンチの選手は地面に椅子をたたきつけて歓喜した。

後半に逆転トライを決めたヒンガノは、トビウオのように上空高くダイビングしてインゴールに飛び込み、場内を沸かせた。米国の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]