迫る濁流 住宅地のむ
千曲川決壊で救出続く 「経験ない水害」声震わせ

2019/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

過去最強クラスの台風19号は東日本に記録的な大雨をもたらし、河川が次々に氾濫した。堤防が決壊した長野県の千曲川周辺は濁流に覆われ、埼玉県では高齢者施設が孤立。被災した住民らは「経験のない水害」「怖かった」と声を震わせた。消防や警察が安否確認や取り残された人の救助活動を急いでいるが、広域に及ぶ被害の全容はまだ見えない。

「コポ、コポ」。13日午前6時、自宅で目を覚ました長野市下駒沢、無職永井秀子さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]