世界鉄鋼協会総会、開幕へ 中国の過剰生産 焦点

2019/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【モンテレイ(メキシコ)=川上梓】世界の鉄鋼大手の首脳が一堂に集まる世界鉄鋼協会(WSA)の年次総会が14日からメキシコのモンテレイ市(ヌエボ・レオン州)で開かれる。米中摩擦の長期化や景気減速による鋼材市況の悪化、中国による過剰生産などが重要テーマとなる。このほか鉄鋼業界の環境問題への対応についても議論が交わされる見通しだ。

WSAは世界約160社が加盟する。総会は年に1度開催される。欧州アルセ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]