「車が自動決済手段」 ホンダやBMWが連携

2019/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ホンダなど世界の自動車大手5社は、自動車の運転時に生じる駐車場や高速道路の料金などの支払い情報を自動車ごとにブロックチェーン(分散型台帳、3面きょうのことば)で記録し、決済まで自動で済ませるサービスの基盤づくりに乗り出す。現金や電子決済で都度支払う手間が省け、スムーズに移動できるようになる。自動車の役割を移動手段としてだけでなく、決済や情報管理といった社会インフラにすることを目指す。

ホンダのほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]