/

この記事は会員限定です

広範囲で大雨 河川に流れ込む

通過後も水位上昇に注意を

[有料会員限定]

台風19号は勢力をあまり落とさず、非常に発達した雲を伴ったまま首都圏に接近した。東日本の1都11県の広範囲に大雨特別警報が出たのは初めてだ。関東から東海に被害をもたらした1958年の狩野川台風の雨量を超えたところも多く、上陸時の気圧も当時より低かった。首都圏一帯が、めったにない異常事態に見舞われたといってよい。

東海から関東甲信は山沿いを中心に、12日までの時点で24時間雨量が700ミリに迫った地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン